ホワイトデーにやるべきたった1つのこと

こんにちは。

 

真鍮アクセサリーブランド

<bien-rythme>ビエンリズムのHitomiです。

 

 

ブログを読んでくださりありがとうございます。

 

 

 

前回は、バレンタインデーにやるべきことを書きましたが、

 

今回はホワイトデーに何をするべきか、

書いていきたいと思います。

 

 

 

とても簡単に結論を言ってしまいますと、

 

☆バレンタインデーは、誰が誰に贈っても良い日

☆ホワイトデーは、バレンタインデーにもらった人にお返しをする日

 

 

 

 

本来、バレンタインデーはパートナーと愛を伝え合う日です。

 

 

 

その日に誰かから贈り物をもらった方、

ホワイトデーにきちんとお返しをしましょう。

 

 

 

そもそもホワイトデーとは、日本発祥のイベントです。

日本独自のバレンタインデーに対して、

1980年に製菓業界がお返しにお菓子を贈る日として定めました。

3月14日になった理由としては諸説あるようですが、

国に内緒で兵士の結婚式を執り行っていたヴァレンティヌスが処刑された、

翌月の3月14日に改めて愛を誓った日というのが有力のようです。

 

バレンタインデーとは元々は何の日だったのかは、こちらをご覧ください。

 

ちなみに、なぜホワイトかというのは、

純潔のシンボル、純愛を意味しているらしいです。

 

 

 

ホワイトデーがお返しをする日なのはわかりました。

では、何を贈るべきか。

 

 

義理チョコのお返しは食べたり使ったりして手元に残らないものが良いですね。

気持ちを返せない場合も同様です。

 

キャンディ、マシュマロ、クッキーが定番です。

 

オシャレギフトとして人気なのは、

 

マカロン、マドレーヌ、チョコレートなど。

 

 

 

逆に、本命やパートナーには、

記念に残るものがベストといわれています。

 

アクセサリーやジュエリーの他には、

時計、鞄、アクセサリー入れも女性としては嬉しいアイテムです。

 

個人的には、手紙やお花が添えられていると感激です。

 

大切な人へ、気持ちを丁寧に伝えましょう。

応援しています!!

 

 

bien-rythme

 

ビエンリズムの<Creema>へはこちら

ビエンリズムの<minne>へはこちら

 

↑オンラインショップです。よろしければご覧ください。